学費を出してくれないなら奨学金とアルバイト

学費を親が払わない(出してくれない)という人もいます。

 

親がお金があるけど払わないという場合や、経済的な状況から実際に払うことができないという場合もあるでしょう。

 

お金があるけど払わないという場合は、ちょっと親としてどうかと思う部分もありますね。

 

もちろん、教育方針として大学に行きたいのなら自分自身で行くべきという考え方なのかもしれませんが、ちょっと子供からすればちょっとは援助して欲しいなという感じですね。

 

あと、親自身が希望していた大学ではなかったということで払ってくれない人もいるでしょう。地元にずっといて欲しいと思っている親などもいますから。

 

まあ、いろいろな理由があって親が学費を払わないという状態でしょうが、この状態をとやかく言ってももうどうしようもありません。

 

学費を出してくれないことにより、これから大学に進学することができるのか?すでに通っている場合はこれからも通うことができるのか?ということを考えなければいけません。

 

学費の支払いに学生自身が使えるものとして、まずは「奨学金」が考えられますね。

 

これは基本的には後で返済していかないといけません。ですので、最低限を利用するようにしましょう。

 

社会人になってから奨学金の支払いで困っているという人は結構いますからね。

 

すでに大学に通っている場合でも、奨学金を利用することができますので、大学の窓口に言って相談してみてください。

 

申し込みのタイミングとかもありますので、ちょっとタイミング的に間に合わないときもあるかもしれませんので、急いで相談しに行くようにしましょう。

 

私立大学や国立大学の違い、実家に住むか一人暮らしかの違い、などによっていろいろ変わってきますが、奨学金とアルバイトで月に10万円程度稼ぐことができれば、自分で大学に行くことができるでしょう。

 

アルバイトで月に10万となれば、それなりに入れば稼げる金額ではあります。

 

ただ、大学を卒業してからは奨学金を支払っていかないといけませんし、そこまでして大学に通いたいか?っていうそもそものところも考えないといけないですね。

 

もちろん、良い大学に行けば良い就職先が見つかる可能性は高いです。

 

でも、それだけが人生ではないと思いますので。

 

親が学費を出してくれるという状態ではないので、今一度人生を見つめなおして自分がどういう風に生きていきたいか?というのを考えてもいいかもですね。