学生本人が借りるならカードローンか学生ローン

親の経済的な事情などにより、学生本人が学費(授業料)を借りるという状況もあるでしょう。学費が払えないのなら借りるしかありませんから。

 

親が債務整理を受けたことがあり所謂ブラックという状態だと借りれませんし、そもそも学費(授業料)は自分で出せと言われている場合なら自分で借りるしかありません。

 

こういった場合に学生本人が学費を借りる選択肢として「奨学金」「カードローン」「学生ローン」ということになります。

 

銀行などが販売している教育ローンは?と思う方もいるかもしれませんが、教育ローンは親権者が子供の学費などの為に借りるものであり、学生本人が利用することはできないのです。

 

ですので、そもそも教育ローンは学生が学費を借りる対象からは外すしかありません。

 

ですので、「奨学金」「カードローン」「学生ローン」ということになります。

 

まず、奨学金を利用したいところですよね。

 

奨学金は有利子と無利子がありますが、有利子でもそんなに金利は高くないですし、返済も卒業後に社会人として働き始めてからなので、無理なく返済していけるでしょう。

 

ただ、新卒の給料はそんなに多いわけではなく、奨学金を支払っていくのがかなり大変で、実際に払っていけていないという人が多いのも現状です。

 

でも、なるべく給料が入るようになったからと言って、贅沢せずにちゃんと生活していけば返していけるはずですけどね。

 

なので、学生が学費を借りるのならば奨学金が良く在学中でも借りることができるのですが、募集は原則として毎年春と時期が決まっているのです。

 

募集時期は学校により異なるので、自分が通っている学校に確認する必要があります。

 

もしすぐに学費を借りたいという場合は、ちょっと難しいですね。

 

また、必ず借りれるというわけではないので、奨学金だけを目当てにしておくのも危険ではあるでしょう。

 

こういったことから、学費(授業料)を学生本人が借りるのに、奨学金はちょっと扱いづらいということになります。

 

ですので、カードローンや学生ローンで借りるのが現実ということになるでしょう。

 

カードローン

学生本人が学費を借りるのに1番良いでしょう。良いというか適しているという感じです。

 

ただ、カードローンは20歳以上でアルバイトをしていないと借りることができません。

 

ですので、未成年の方で学費を借りたいという方は、未成年でも借りることができる可能性のある学生ローンということになります。

 

とりあえず、20歳以上でアルバイトをしているという人はカードローンを利用しましょう。

 

このカードローンですが銀行から発売されているカードローンと、消費者金融から発売されているカードローンの2種類あります。

 

一般的に銀行カードローンの方が金利が低いというイメージがありますが、学生が借りれる可能性のある金額はそんなに高額ではないので、最高金利が適用されることが多いです。

 

この最高金利は銀行も消費者金融も正直そんなに違いがないのです。

 

金利にそんなに違いがないうえに、消費者金融のほうが無利息ローンという一定期間無利息で借りれるサービスがあったりするのです。

 

あと、銀行カードローンは審査に時間がかかるうえにかなり厳しいのも現実です。

 

その点消費者金融は即日融資も可能ですからね。

 

ですので、学生がカードローンを利用する場合は、消費者金融のカードローンを利用したほうがメリットは多いといえるでしょう。

 

学生ローン

お金を借りるのならばやはり大手の安心できる消費者金融で借りていたほうがおすすめです。

 

学生ローンの中にはちょっと怪しいところもあるのも事実ですからね。

 

ですので、学生が学費を借りるのには学生ローンよりも消費者金融のほうが良いです。

 

ただ、未成年の場合は消費者金融は借りることができませんが、一部の学生ローンでは未成年でも借りれる可能性があるのです。

 

ですので、未成年の方でどうしても学費を借りたいという場合は、学生ローンの利用を検討するといいでしょう。

 

未成年と言っても高校生の場合はダメで、18歳19歳の大学や専門学校、短大に通っている学生に限られます。

 

未成年の学生の方が借りれる可能性がある学生ローン会社は以下の4社になります。

 

カレッヂ

カレッヂは高田馬場にある学生ローンの中でもダントツに知名度が高いでしょう。あの大きな黄色い看板が目立ちますからね。

 

カレッヂは未成年者でアルバイトをしている場合は、10万円の範囲内で審査の上利用できる可能性があります。

 

アイシーローン

アイシーローンは新宿に店舗を構える学生ローンです。

 

アイシーローンも未成年者でも借りることができて、しかもアルバイトをしていなくても借りれる可能性もあります。

 

アルバイトをしていない以上、審査的にはちょっと厳しくはなるでしょうけどね。

 

アミーゴ

アミーゴは高田馬場にある学生ローンで、昭和57年創業なのでかなり歴史のある学生ローンですね。

 

このアミーゴも未成年でも審査の上利用できる可能性はありますが、アルバイトはしていないとだめです。

 

フレンド田

フレンド田も未成年でも借りれる学生ローンなのですが、未成年の場合は親権者の保証人が必要です。

 

保証人が要るということは親に話さないといけないので、親に内緒で借りるということは難しいですね。

 

親もOKしている場合はフレンド田もありでしょう。