中学の学費も結構かかる

中学の学費が払えないという人もいるでしょう。中学は義務教育なので絶対に行かせないといけないですね。

 

この中学の学費が払えないという人の中には、やはり私立の中学に行かせたことにより払えなくなったという人が多いです。

 

私立の中学に行かせることにした時は、大丈夫と思っていた方も、実際に入ってみると何かとお金がかかってビックリしたという人もいるでしょう。

 

あと、親である自分たちの経済状況が変わってしまうことにより、学費が大きくのしかかってしまうというところも多いのです。

 

中学も授業料や教科書代、制服、遠足・修学旅行費、通学関係費などいろいろ必要ですからね。

 

私立の場合特にこの中でも高いのが「授業料」ですね。授業料だけで年間40万円を超えるのが一般的です。公立ならば授業料が無料なので、かなり大きな差が出てきますね。

 

授業料を含めた教育費の全体の年間として公立・私立では以下の金額が必要といわれています。

 

公立中学 約15万円
私立中学 約100万円

 

私立中学の場合、学習塾や家庭教師などの習い事をする家庭も多いですから、上記にプラスして費用が掛かってきます。

 

中学生

 

世帯年収で700万円前後なら、最初は行けるかなと思ってても、家庭としてかかるお金も支払っていたら、ちょっとづつお金が足りなくなってきたりします。

 

最初は貯蓄で何とかやりくりしていたという場合でも、貯蓄もいつかは底をつくわけですよね。

 

その結果お金がなくて私立の学費などが払えないということになることが多いです。

 

もちろん、私立だけでなく公立の中学に行かせていて学費が払えないという人もいるでしょう。

 

以下で中学の学費が払えない場合の対処法を紹介します。

 

私立中学に通っている場合の対処法

中学の学費が払えないという方で、上記で紹介したように私立の中学に通っていて学費が払えなくなったという人の対処法です。

 

私立中学に通っていて学費が支払えないという場合の対処法は以下の2種類が考えられます。

 

  1. お金を借りて支払う
  2. 公立中学に転校させる

 

お金を借りて支払う

家計だけを見れば2番の公立中学に転校させるということをするのが良いのですが、中学生活って3年間だけなので出来る限り転校せずに通わせてあげたいというのが親心でしょう。

 

子供としてもせっかく友達もできた頃に転校というのは嫌がるはずです。この時期の友人ってすごく大事ですからね。

 

なので、まずはお金を借りて支払うということを検討しましょう。

 

銀行カードローンで借りて支払う

お金を借りて支払う際にまず検討したほうが良いのが銀行カードローンです。

 

教育ローンじゃないの?と思うかもしれませんが、中学の学費の場合教育ローンは利用できないというところが多いのです。

 

その点銀行カードローンだと利用目的自由で利用することができますし、金利も低く設定されているので安心して利用できるのです。収入が多ければ利用限度枠も多く設定され、適用金利もその分低く設定されます。

 

私立中学に行かせたということは年収は結構高めだと思いますので、銀行カードローンで低金利でお金を借りることができる可能性が高いのでおすすめです。

 

ただ、銀行カードローンは利用するまでに1週間〜2週間程度はかかりますので、急いで学費を用意しなければいけないという時は後で紹介する消費者金融を利用するといいでしょう。

 

とりあえずおすすめの銀行カードローンは以下のカードローンです。金利もかなり低く設定されていますよ。

 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

学費の支払いならば三井住友銀行カードローンは圧倒的におすすめです。
金利が1.5%〜14.5%とかなり低金利に設定されていますし、最高融資額は800万円となっているので高額な学費が必要な場合も対応できます。
毎月の返済額は2,000円からと少額に設定されているので、自分のペースで返済していくことができます。余裕があるときに多めに返済していくといいでしょう。

 

 

急ぎでお金が必要なら消費者金融

急ぎの理由があって私立中学の学費が払えないという場合は、銀行カードローンは間に合わない可能性があるので消費者金融を利用するといいでしょう。

 

消費者金融ならば即日融資も可能となっています。即日融資が可能なので、明日学費を支払うことも可能なのです。

 

消費者金融は金利が高いというイメージを持っている方もいますが、一定期間の無利息ローンも用意されていたりするので、急ぎで消費者金融を利用して、あとで銀行カードローンに変更するというのも一つの方法です。

 

ですので、急いでいる方は以下の消費者金融を利用しましょう。

 

プロミス
プロミス

プロミスは審査もかなり早いです。
最短1時間で融資が可能となっているので、急いで学費を支払わないといけないという方はぜひ利用したいカードローンです。
郵送物なしのカードレスで、申込から借入・返済まですべてネット上で完結してしまいますよ。

 

アコム
アコム

アコムも素早い対応をしてくれて即日融資も可能となっています。土曜日・日曜日・祝日でも即日融資可能です。
キャッシングカードはクレジットカード機能付きのACマスターカードにすることもできますよ。
アコムを初めて利用する方は30日間無利息で利用することができます。

 

※ランキングは当サイト申し込みが多い順です。

 

公立中学に通っている場合の対処法

公立中学に通っている場合は、まず教育ローンが利用できないところがほとんどです。ほとんどというか、利用できるところはないでしょう。

 

ですので、公立中学の学費が払えないという場合は、カードローンを利用するしかありません。

 

カードローンの中でも銀行カードローンは金利が低くておすすめではありますが、金利が低い分審査はかなり厳しめだと思っておいたほうが良いです。

 

公立中学はそもそもお金がそんなにかからないはずですので、その状態で借りるということになると、厳しめな銀行カードローンでは借りれない可能性は高いです。

 

ですので、公立中学の学費が払えないという場合は、上記で紹介している消費者金融のカードローンを利用するのがいいでしょう。

 

消費者金融のカードローンを利用するのがいいというか、消費者金融のカードローンを利用して支払うしか選択肢はないのではないかという状況になります。

 

もちろん銀行カードローンに申し込みしてみるのはありですが、利用するまでに2週間程度かかるということも頭に入れておくといいでしょう。

 

公立中学に転校させる

学費が払えないというギリギリの状態を続けていくと、いつか完全に払えなくなる可能性が高く、根本的に改善させるためには「公立中学に転校させる」ということになります。

 

私立に行かせることができていたのならば、公立に転校することによって、お金の流れはすごく良くなり家計は楽になりますからね。

 

貯蓄を切り崩してやっているという家庭もあるでしょうが、いつかはその貯蓄もなくなります。出来ることなら、なくなる前に公立に転校させておいたほうが良いでしょう。

 

これから高校や大学に通う費用も必要ですし、親である自分たちの将来もありますので、貯蓄をすべて切り崩すというのは危険です。

 

自分たちがいつまでも健康でバリバリ働けるとは限りませんからね。

 

ですので、私立の中学に通わせていて学費が払えないという場合は、効率に転校させることも検討しましょう。

 

子供にもしっかり事情を話するということが大事ですね。