カードローンを利用する際の注意点

学費が払えなくてカードローンで借りる(借入する)という場合もあるでしょう。

 

カードローンは金利が教育ローンなどに比べて低くありませんので、出来るだけは利用しないほうが良いですが、どうしてもという時はしょうがないでしょう。

 

学生本人の場合だと、ちょっと怪しい感じの学生ローンで借りるよりも、大手金融機関のカードローンを利用したほうが絶対いです。

 

カードローンを利用する前に一点注意しなければいけないことがあります。

 

カードローン

 

それは、カードローンは利用限度内ならば繰り返し利用することができるということです。

 

例えばですが、カードローンの利用限度額が30万円となったとします。

 

それで学費の支払いのために15万円ほど支払うと、まだあと15万円ほど利用することができるようになります。

 

ここであと15万円を利用することができるということから、あまり必要でもないのについつい借りてしまうということがあるのです。

 

こうなってしまうとあっという間に限度額内すべてを使い切ってしまうのです。

 

カードローンを利用しているとよくあることなのですが、利用限度内は自分のお金のような考え方にもなってきてしまいます。

 

ですので、利用限度額内すべて使い切ったら、次は返済して借入できる枠がちょっと出来ればまた借りてしまう、ということを繰り返してしまうのです。

 

カードローンで学費を支払うのは問題ないですが、絶対にこういう風に繰り返し利用しないように気を付けてください。

 

あくまで借金だということを認識しつつ使うというのが重要ですね。

 

学費の支払いにカードローンを使ったら、あとはもう返済のみしていくというのが理想的でしょう。

 

カードローンの金利の確認方法

カードローンを利用する際に『金利』は非常に重要なポイントになってきます。金利が低ければ低いほど支払いは楽ですからね。

 

この金利ですがカードローン会社のホームページを見てみると、○○%〜△△%というように表示されています。

 

この○○%の部分が最低金利で、△△%の部分が最高金利になります。

 

この間の中で、審査によって決められた融資枠によって金利が決定されるのです。

 

融資枠が大きければ大きいほど○○%の最低金利に近づき、融資枠が小さければ小さいほど△△%の最高金利に近づくようになります。

 

審査によって決められる融資枠は審査基準が各社違うのですが、申込者の『収入』というのは大きなポイントになります。

 

収入が多ければ大きいほど、高額な融資枠になる可能性は十分あるということです。

 

学費の支払いのためカードローンを利用するのが親であって、収入もそれなりにあるのならば融資枠が大きくなり金利も低い金利が適用される可能性が高くなります。

 

逆にカードローンを利用するのが学生本人のような場合は、学生だとアルバイト収入しかないわけなので、収入は少なく融資枠が小さく設定され金利も上限金利に近い数字が適用される可能性が高いです。

 

よく銀行カードローンは金利が低いといわれますが、意外と上限金利は消費者金融と同じぐらいのところも多いです。

 

なので、学生本人が利用する場合、銀行カードローンを利用しても消費者金融を利用しても大して変わらないということになります。

 

逆に、無利息ローンなどがある消費者金融のほうがお得に利用できる可能性が高いです。

 

ですので、親が利用する場合は銀行カードローンの利用を検討して、学生本人が利用する場合は消費者金融を利用するのがいいでしょう。

 

おすすめの消費者金融

プロミス
プロミス

プロミスは審査もかなり早いですし、初めての契約なら三井住友VISAプリペイドカードが最大2,000円分もらうことができます。

 

≫プロミスの申し込みはこちら

アコム
アコム

アコムも素早い対応をしてくれて即日融資も可能ですし、クレジットカード機能付きのアコムマスターカードもありますよ。

 

≫アコムの申し込みはこちら

レイクALSA
レイクALSA

レイクALSAは無利息ローンが2種類用意されているので、2種類から選んで利用することができます。

 

≫レイクALSAの申し込みはこちら

※当サイト申し込みが多い順

 

無利息ローンを活用する

上記の消費者金融はどれも無利息ローンが用意されています。無利息ローンというのは一定期間利息が0円というものです。

 

消費者金融のサービスの一環ですね。

 

一時的に学費をカードローンで借りたいとなると、下手に銀行カードローンを利用するよりも、こちらの消費者金融の無利息ローンを利用したほうが金利の支払いを抑えることができる可能性があります。

 

各消費者金融それぞれの無利息ローンがどのようなものかというと、

 

プロミス

【無利息期間】30日間無利息
【対象者】プロミスで初めて契約する方で、Eメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した方

アコム

【無利息期間】30日
【対象者】アコムでの契約が初めての方で、返済期日「35日ごと」で契約した方

レイクALSA

【無利息期間】借入額のうち5万円まで180日、全額30日
【対象者】レイクALSAを初めて契約する方

 

となっています。

 

比較的少額の金額の学費を借りたいという場合は、レイクALSAだと180日間という長期間無利息になるので、かなりお得に利用することができるでしょう。

 

返済回数などにもよりますが、20万円を超えてくると30日無利息を利用したほうがお得になってくるでしょう。

 

この無利息ローンで気を付けなければいけないのが、無利息期間が始まる日にちです。

 

アコムとレイクALSAに関しては契約した日の翌日からとなります。

 

ですので、アコムやレイクALSAと契約してから20日後に実際に借入したとすると、もうあと10日しか無利息期間はないのです。30日間無利息の場合。

 

でも、プロミスの場合は初めて利用した日の翌日から無利息期間が始まります。

 

ですので、先ほどの様に20日後に実際に借入したとしても、その借入した日の翌日から無利息期間が始まるのです。

 

契約出来たらすぐその日のうちに借入するという場合は、アコムやレイクALSAを利用するといいですが、ちょっとしてから利用する予定という人はプロミスと契約しておいたほうが良いでしょう。

 

おすすめの銀行カードローン

バンクイック
三菱UFJ銀行

まずおすすめなのはメガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンです。バンクイックという名前の商品になります。
金利は年1.8%〜14.6%となっています。

 

≫三菱UFJ銀行カードローンの申し込みはこちら

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行

じぶん銀行カードローンは携帯電話大手のauと三菱UFJ銀行によって作られたネット銀行です。
金利は年2.1%〜17.4%となっています。

 

≫じぶん銀行カードローンの申し込みはこちら

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行

オリックス銀行は最高800万円という高額融資にも対応しています。
金利が年1.7%〜4.8%となっています。

 

≫オリックス銀行カードローンの申し込みはこちら

※当サイト申し込みが多い順

 

親が学費を支払うのに適している

親が学費を支払うのに適しているのが上記の銀行カードローンです。

 

学生でも20歳以上でアルバイトをしていれば審査の上利用できる可能性はありますが、審査は厳しいですので審査に落ちる可能性も十分考えられます。審査に通っても融資枠は10万円ぐらいが妥当でしょう。

 

ですので、基本的には親が学費を支払うのにカードローンを利用したいという場合に上記のカードローンに申し込みするといいでしょう。

 

正社員などで働いている親だと、それなりの収入がありますので審査も通りやすいでしょうし、融資枠も大きくなり低い金利が適用される可能性が高くなります。

 

低い金利が適用されるということが銀行カードローンの何よりもメリットですからね。上限金利に近い金利が適用されてしまうと、銀行カードローンのメリットがあまりなくなります。

 

安心感という面では消費者金融よりも銀行かもしれませんが、実際これくらい大手の消費者金融はかなりクリーンですよ。親世代だと消費者金融に悪いイメージを持っているかもしれませんけどね。

 

あと、銀行カードローンを利用するのに注意しなければいけないのが、銀行カードローンは利用するまでに時間がかかるということです。

 

カードを実際に手に入れて借入できるようになるには、1週間〜2週間程度は見ておいたほうが良いです。

 

急いで学費を支払わないといけないという状態の場合は、銀行カードローンではなく消費者金融を利用するといいでしょう。

 

あまり聞いたことのないような業者は利用しない

カードローン商品のある金融機関はたくさんあります。

 

このたくさんあるカードローンで気を付けないといけないのは、あまり聞いた事のないような業者は利用しないということです。

 

ネット上位は正直怪しい業者がたくさんいます。ホームページを見ただけだと、明らかにちゃんとした業者っぽいきれいなつくりなのに、実際は闇金であったりということがあるのです。

 

学費が払えない状態だと学校に通えなくなるので焦っている方が、ついつい簡単に借りれるような業者のうたい文句につられてしまうのです。

 

でも学費を闇金融から借りてしまっては、学校行けなくなるどころか、これから返済で大変なことになってしまいます。

 

実際には闇金からの融資は返済しなくてもいいのですが、やはり怖い人たちに脅され続けたら、そういう問題ではなくなってきますからね。

 

ですので、当サイトでで紹介しているような大手の金融機関のカードローンを必ず利用するようにして下さい。

 

お金を借りたことにより何かしら問題が出てきた方は、「貸金業相談・紛争解決センター」に連絡して相談するといいですよ。

 

こちらでは登録業者か確認してくれたり、闇金への対処法なども教えてくれます。その他借金についてのいろいろな相談に乗ってくれます。