どうしよう(・_・;)

大学や専門学校、私立高校などの入学金や授業料の学費が高くて払えない(-_-;)なんて困っている主婦の方が多くいるみたいですね。

 

そりゃそうですよね。大学や専門学校なんて、入学金だけでも数十万円、それに授業料までかかってきますからね。高校も公立ならまだしも、私立なら3年間でかかる学費はとんでもない額に(*_*)

子供の学費

 

子供の将来を考えたら、行きたい学校に通わせたいと思うのが当たり前なんですが、お金だけで考えると少しでも安いところにして…って思ってしまうのが本音ですよね。

 

子供の大学卒業までの費用を計算したら、安く見積もっても1000万円以上は必要と言われています。子供が一人ならまだしも、二人・三人と増えていけば当然それだけ必要になってくる学費は増えます。

 

お金持ちだったら悩む事も無いんだろうけど、ほとんどの家庭がお金に余裕が無いというのが現状ですよね。

 

でも、先ほども言ったようにお金がないからと子供に「学校諦めて」なんて絶対に言えませんよね。

 

でも、学費が払えない・・・(-_-;)こんな時どうすればいいのか?

 

ローンの利用

学費の支払いに困った時は、ローンを利用するのが一番良いのかなと思います。というか、私は二人の子供をローンでお金を借りて支払しました。

 

我が家の場合、子供の年が近かったという事もあり、大学の学費が重なる年がありました。多い時では入学金と授業料だけで100万円以上も必要に。でもそんな余裕はないし。。。

 

そこで、ローンを利用して学費を分割で支払いしていくことにしたんです。分割だったら月々の負担も減らせますし、利用するローンによっては金利も低金利設定となっているので、長く借りていた場合でも安心です。

 

子供の将来の事を考えたら、行きたい学校に通わせてあげて卒業させてあげたいですからね。そして、立派な大人になって恩返ししてくれれば満足です(笑)

 

ではどこでローンを組めばいいのか??

色々と調べた中で、私が一番よかったと思ったのは、「みずほ銀行のカードローン」です。

 

最初は、学費などの費用を専門とする教育ローンを利用する事も考えたんですが、教育ローンの場合は「必要な金額・何に使うか・返済予定・審査時間」などなど、手続きが細かく必要でした。

 

その点、カードローンの場合は使用用途が自由となっているので、どのような事にいくら必要なのか伝える事もないですし、申込から借入までもスピーディーに利用できます。

 

また、カードローンの場合は利用限度額内であれば、必要な時に必要な分、いつでも現金を借りる事が出来て使い道も自由なので幅が広がります。

 

学費として利用するのはもちろん、子供の生活費用・仕送りなんかにも利用する事ができますし(^^)/
ちなみに、20歳以上・アルバイトなどをしている方であれば、学生本人でも利用可能となっていますよ。

 

大手銀行が発行している低金利カードローンもあるので、下記に載せておきます!参考にしてみて下さい。

 

低金利 銀行カードローン

住信SBIネット銀行

☆☆超低金利設定☆☆
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行から発行されているカードローンは、年金利1.89%〜7.99%と超低金利設定になっています。(※プレミアムコース適用時)

 

他のカードローンと比較しても、圧倒的に低い金利設定となっていますね。

 

住信SBIネット銀行に口座をお持ちの方は、最短即日融資も可能となっていますよ。なので、口座をお持ちの方は、住信SBIネット銀行を利用するのがいいでしょう。

 

≫住信SBIネット銀行公式サイトへ

 

 

オリックス銀行

☆☆来店不要☆☆
オリックス銀行
オリックス銀行のカードローンは、申込みから借入・返済とすべてインターネット上で手続きする事が可能となっています。わざわざ店舗に足を運ぶ必要もないので楽ちん便利です。

 

全国に、銀行やコンビニなど提携ATMが95000台以上も設置されていま。また、提携ATMだと、手数料が無料となっているのも嬉しいポイントですね。

 

≫オリックス銀行公式サイトへ

 

 

急ぎの時は…

アコム

☆☆30日無利息☆☆
アコム
アコムは、最短30分のスピード審査でとにかく申込みから利用までが早いです。どうしても今日中にお金が必要、といった場合でも安心です。
それに、初めてアコムを利用する方は30日間無利息で借りる事が可能となっています。

 

もし、30日以内で返済する事が出来れば利息は0円。借りた金額分だけを返済すればOKです。そう考えたらお得ですよね。
もちろん、通常金利も低金利設定となっているので安心できますよ。

 

インターネット上(スマホからでもOK)から24時間いつでも申し込みする事ができ、来店不要で利用できるのもポイントです。急ぎでお金が必要な時は、アコムのカードローンに申込みいしてみるといいでしょう。

 

≫アコム公式サイトへ

 

 

プロミス

☆☆女性専用キャッシングサービス対応☆☆
プロミス
プロミスのカードローンも、最短30分審査となっており、審査結果によっては即日融資が可能です。
初めて利用する方は、30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですよ。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

また、女性専用のレディースキャッシングサービスを設けているのも特徴です。
女性の場合、どうしても利用しずらい点があるかもしれないですが、レディースキャッシングは女性専用となっているので、安心して利用する事が出来ますよ。

 

≫プロミス公式サイトへ

 

≫レディースキャッシングはこちら

 

 

モビット

☆☆10秒で簡易審査結果表示☆☆
モビット
モビットのカードローンもお勧めの1枚となっています。。対応もスピーディーで、最短だとその日のうちに借入が可能となっていますよ。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあります。)
本審査ではないんですが、ある程度の審査結果が分かる10秒簡易審査を利用すれば、利用できるかどうかの判断がつけやすいと思います。

 

また、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方は、Web完結申し込みの利用が可能となっています。Web完結申し込みなら、ネット上ですべて手続きでき、電話連絡・郵送物なしで契約が可能となります。
わずらわしい連絡などもなく、スピーディーに利用する事が出来ますね。主婦の方は、安定した収入がある方のみ利用可能です。

 

≫モビット公式サイトへ

 

主婦でも借りれる?

カードローンは主婦でも借りる事が出来るのか調べてみたんですが、収入の有無によって利用できるカードローンが変わってきます。基本的に、正社員やアルバイト・パートなどお仕事をされている主婦の方であれば、カードローン利用は可能となっています。

 

お仕事をされていない専業主婦の方の場合は、収入が無いのでカードローン利用が難しくなっています。ただ、一部銀行カードローン(みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行など)だと、専業主婦の方でも利用可能となっている場合もあります。ただ、収入がないので借入額も少なくなっているので、高額な学費などの支払い分までは借りれないかもしれません。

 

学費は高額必要なケースが多いと思うので、一番は旦那さん名義で借りるのが良いと思います。

 

 

学費が払えないとどうなるのか?

もし学費が払えなかった場合どうなるのか?最悪のケースだと強制退学になってしまうのか?調べてみました。

 

大学の場合、授業料など学費が支払えなかった場合、すぐに除籍処分になるといった事は無いので安心しても大丈夫です。というのも、各大学によって違いはあるかもしれないですが、免除・延納・分納といった制度があります。

免除

授業料を払わなくてもいい制度の事を言います。全額免除・半額免除などいくつか種類があるんですが、世帯の総所得額によっては授業料を免除してもらう事が可能となっています。

 

延納

授業料の支払い期間を一定期間だけ待ってもらう事が出来る制度です。支払を延ばすだけなので、最終的には全額支払いしなければならないんですが、すぐに払えないといった場合は、延納制度を利用するのがいいでしょう。

 

分納

授業料を分割して支払う制度の事を言います。大学によって違いがあると思いますが、だいたい2〜6回に分けて支払うようになる事が多いです。

 

このように、もし授業料など学費が支払えなかった場合でも、状況に合わせた対処法があります。ただし、こういった制度は、申請できる期間が決まっていますし、誰でも利用できるといった訳ではありません。

 

その為、免除・延納・分納が利用できず、支払いが出来なかった場合は、最悪除籍処分になってしまう可能性もあります。

 

また、免除・延納・分納制度を利用するにしても、学校側に収入など家の事情をすべて話さないといけなくなるので、通っている子供が肩身の狭い思いをしないといけなくなる可能性もあり得ます。そう考えるとあまり利用したくないですよね。

 

そういった事を考えても、授業料など学費の支払いに困った時は、上記で紹介しているような教育ローンなどで補うようにするのがいいかもしれないです。

 

子供にかかる学費について聞いてみました

2人の息子を持つMさん(40歳)

我が家の長男の学費は6万円で次男が3万円です。海外のどちらかというと安い方のインターナショナルスクールに通っているのですが、それでも日本の公立の学校に通った私にとってはかなり高く感じます。

 

今はまだ次男が3万円なので良いのですが、来年から次男も長男と同じく6万円になるので本当に頭が痛いです。お給料は高くならないのに、学費だけは上がっていくのが本当に不満です。

 

私は昨年まで絵画を習っていたのですが、子供たちの学費の事を考えるとその絵画クラスの月謝が無駄な出費のように感じるようになってしまい辞めたのですが、楽しみがなくなってしまいちょっと辛いです。

 

子供たちはその他に習い事をしていて、長男は近くのコミュニティーセンターが主催しているサッカーに通っています。そこは月謝がとても安く月500円ほどです。

 

友達もでき、体も動かし体力もついているようなので長男にとってとても良いと思っています。次男の方は大好きな絵画を習っていて、そこもコミュニティーセンター主催なので月3000円ほどでかなり安く通えているのが嬉しいです。

 

安い割には教え方が素晴らしいらしく、次男の絵を描くスキルが格段に上手くなっています。他にも習わせたいことがたくさんあって、子供たちもあれ習いたい、これ習いたいと言うのですが私が子供の頃の習い事と違ってどこもとても高く、一人一つの習い事で限界です。

 

しかし長男の歳の子供達はプライベートで家庭教師をつけたり塾に通うのが当たり前なようで、知り合いに聞いた話では彼女は子供に月10万円も家庭教師代に遣っているようでした。

 

比べたらきりがないですが、子供にそこまでの出費ができる彼女を凄いなと思わざるおえませんでした。

 

 

3人の子供を持つKさん(36歳)

私には3人の子供がいますが、そんなに教育費用というものはかかっていないと思います。都会なら別でしょうが、北海道の田舎に住んでいるので、塾通いなどもなく、勉強するという意味では、意識が低いのだと思います。

 

なので、勉強で競争するという考えがあまりない土地柄といえると思います。周りに塾などもないもので、普段から家の中で勉強するぐらいになっています。

 

だからこそ、家での勉強はしなくてはならないと思っていますが、なかなか勉強しませんね。困ったものです。進研ゼミなども考えましたが、いい値段がするもので、お金がないと教育もむずかしいのかなという風に思ってしまいます。

 

長男はいま小学校6年生で来年中学生になります。これから教育費や部活などのお金がかかってくると思いますので、貯金しなくてはと思っています。長男はサッカー少年団に入っており、実際このお金も結構かかります。

 

ユニフォーム代やジャージ代、それに遠征などに行くなど、毎月10000円ぐらいはかかってると思います。そのほかにも、試合をするためには車で連れていかなくてはいけないので、その分ガソリン代もかかったりしますから、なかなか負担は大きいです。

 

次男は小学校3年生ですが、何も習い事はしていません。ですが、今後の為になにかさせようとは思っています。次男は最近太ってきて、体を動かす野球などをやらせようかと思っていますが、本人にその気がないので、無理かもしれませんね。
長女は来年小学校1年生になります。ピアノを習いたいといってますが、これも結構お金かかるので、嫁の友達がピアノの先生をしていますので、個人レッスンとして、安くしてくれると言ってくれています。

 

ありがたい話です。なににせよ、お金はかかるので、貯金は必要だと思いますし、子供たちのやりたいことはやらせてあげたいと思っています。

更新履歴